2013年 10月

アトピー体質の改善(2)

2013-10-24

3日間で、20年続いた微熱がなくなりアトピーも軽快した。

もう一人、菊芋でアトピーを克服した人もおります。
神奈川県の西村さん(仮名)57歳です。

25年ほど前に、西村さんは事故にあって大量の輸血をしています。以後、糖尿病と慢性肝炎にかかり、ずっと微熱が続くようになってしましました。

勧められるままにあらゆる健康食品を使いましたが、どれも体に合うものではありませんでした。

糖尿にいいと知人から勧められた時も、『どうせ効きはしない』と疑いながら、取りあえず試してみただけでした。

しかし飲みだして3日後、体に思いがけない変化があったのです。
トイレに立った時、それまで永年茶色く濁っていた尿がきれいな色をしていました。
その時はまだ半信半疑でしたが、飲み続けるうちに確信に変わっていきます。

まず、20年もつづいた微熱がピタッとおさまりました。

『こんなことがあるのかと思うと、鳥肌が立ちました。』
西村さんの言葉からは、驚きがストレートに伝わってきます。

それだけではありません。
永年の悩みの種だったアトピーが信じられないほど良くなったのです。

それまでベビーパウダーをつけないと眠れず、金属を身に着けるとすぐにかぶれるので、腕時計もできなかったほどでした。

その肌の悩みが、菊芋を摂り始めた途端にスッキリ解消されてしまったのです。

『永年の持病ですし、こんな朗報はありません。
正直、これほどの効果を期待していなかったですから、うれしさも倍増です。』

いま西村さんは、自分の肌が徐々に変わってきているのを実感しています。

菊芋普及会 www.e-kikuimo.com

 

アトピー体質の改善(1)

2013-10-23

3~4日でかさぶたになり、10日後には新しい皮膚が再生!

菊芋の一時的作用としては血糖降下とその働きによる糖尿症状改善や合併症の予防ですが、このほか2次的作用と言うべき多くの効果が表れています。

その一つがアトピー体櫃の改善です。

長野県在住の中山さんの次女美宙ちゃん(4歳)は菊芋でアトピーを克服しています。

「4年間、ずっと家族で悩み苦しんできたわけですから、その感動は言葉では表現できないほどです。家内とは手を取り合って喜びました。」
その喜びを、中山さんは素直にこう語ります。

美宙ちゃんのアトピー性皮膚炎は、生後間もなくからはじまっています。
痒みに耐えかねて全身をかきむしり続けた結果、体中の肌はボロボロになり、真っ黒にくすんでしまう状態でした。

寝ている間にもかきむしり朝は布団や衣類が血で汚れてしまいます。
いろいろな治療法試してみましたが、効果はありません。
しばしばステロイドホルモンを使っていました。ホルモンはその当座だけは良く聞きますが、やめればひどいアトピーは出てくるし、何よりも副作用が怖い。
そんな時『糖尿に効果があり、血液をサラサラにし、体質改善効果もある』と、知人から菊芋を進められたのです。

アトピーに効果があるかもしれない、とワラをもつかむ思いで、中山さんは美宙ちゃんに試してみました。
すると、菊芋は美宙ちゃんのアトピーに劇的な効果を発揮します。

まず3~4日でケロイド状にグジュグジュになっていた部分がかさぶたになり、カサカサだった肌がスベスベの状態に変化していきました。

そして10日も過ぎたころからは、かさぶたの下から新しい皮膚が再生してきたのです。
それと並行して、体中の肌のボロボロの部分が取れ、下から新しくスベスベした肌が生まれてきたのです。

菊芋普及会 www.e-kikuimo.com

 

脳梗塞の方からのお電話

2013-10-22

菊芋の薬効は身体の免疫力強化と糖の代謝を促進し血糖降下作用・血流改善などですので、糖尿、高血糖、高血圧、中性脂肪過多、ガンや感染症 の予防に最適です。
脳梗塞で入院された方から、先日お電話を戴きました。
病院の中にある公衆電話からでした。この方は80歳を超えていますがとてもお元気なご様子でした。 声もはっきりして、梗塞系の後遺症など全く感じられません。 リハビリはされているようです。

病院に運ばれ前の一週間ぐらいは菊芋を飲んでいたようですが、症状としては相当進んでいたようです。
お電話戴いた内容は、もっと早くに菊芋を飲んでおけば良かった。病院の薬は飲みたくないので何とかこれから菊芋で改善できないか、ということです。
脳梗塞等の梗塞系は一般的には何年、何十年にも亘る生活習慣や 食生活が影響して発症しています。
1~2か月で改善するような病ではありません。いくら菊芋が血流改善にも良いとは云え薬ではありませんから、即効で効果が出るものでもありません。
まずは、病院での処方を第一と考え、併用したり、退院されたら予後のために 菊芋を摂取するのも良いでしょう。
他のお客様からも予後の経過が良いとか、後遺症が軽減されたなどのお話は伺っております。
薬と併用されても良いですが、医師がOKしてくれるかどうかです。 投薬治療中に健康商品の類のものを飲んでも良い、、、という医師が いるかどうか。 医師に話せば90%以上、そんな物はやめといた方がよい、
と答えるでしょう。当社の菊芋の加工商品は薬の成分など一切含まれておりませんので、安心なんですけど・・
それにしても、この方とは何度かお話致しましたが、何としてでも病を克服したいという意気込みが、ヒシヒシと感じました。 是非元気になって退院されることを願っています。

菊芋普及会 www.e-kikuimo.com