2015年 4月

菊芋の選び方

2015-04-28

キクイモならどれも皆一緒、そう思ってはいませんか?

現在、様々な種類のキクイモ製品が出回っています。

テレビや雑誌などで菊芋のすばらしい効果が知れ渡るようになると、生のキクイモからドリンクタイプや錠剤、粉末パウダー等々、儲かりそうだから作って販売する業者さんが急激に増えました。

しかし、産地、処理方法、摂取方法等々によりキクイモの良し悪し、効くか効かないかに大きな差があるのです。

しかも商売優先で、お金が簡単に儲けられるという理由だけで、菊芋について詳しい研究や知識や経験や情報のない農家の方や販売業者さんも菊芋を販売し始めています。

菊芋の特性を知らないで安易に連作栽培したり、加工しているため、菊芋の形状は同じでも品質がどんどん低下し劣化しています。

質のよくない菊芋をシイタケや野菜を乾燥する簡単な乾燥機で乾燥チップにし販売している農家もあり、衛生知識に乏しく雑菌まみれの可能性さえあります。

大切なのは、キクイモはキク科の植物ですが、その最大の効能は生活習慣病対策食品であるということです。

特に塩分・糖分・脂肪分過多の食生活を続けている方に多い糖尿病・高血圧・高脂血症・中性脂肪・アルツハイマー・等血液循環器系統の病気に優れた効果を発揮しています。

最近では菊芋の腸内免疫力も注目され、ガンを患っている方が摂取されます。

しかしその力を最大限に発揮するためには、菊芋選びも慎重に見極めることが重要です。

間違ったキクイモ選びで数値が上がることも・・・

キクイモ普及会は様々な研究機関と、菊芋の成分やその効果と安全性について20年近くもの長きにわたり共同研究してきました。

蓄積した研究結果や治験データーは多大な時間と労力と研究費がかかっており、その安全性と効果について科学的根拠を基に明確にしてきました。

現在では、生のキクイモからドリンクタイプや錠剤、粉末パウダー等に加工したものまで実に多くの商品が出回るようになってきましたが、菊芋は生命力が強く簡単に育てられる為に、ここ3~4年で多くの農家の方が参入しています。

さらに健康ブームに後押しされて多くの食品業者も販売を始めました。
一体どの商品が良く選べば良いのか判らなくなっています。

実際、菊芋の粉末を安価でお求めの方から『三か月ほど摂取したけど、却って数値が上がってしまったが、どの菊芋が良いのか・・』という相談も頂いております。

キクイモで大切なのは「イヌリン」の量です

菊芋の成分の中心は水溶性食物繊維のイヌリンです。

天然のインシュリンといわれるイヌリンこそが糖尿改善・予防に大いに影響を及ぼす訳ですが、一方で慎重に育て・加工しないと効果は半減してしまいます。

また半減どころか逆に数値があがることにもなりかねません。

菊芋のイヌリンは時間の経過や外気の影響を受け最終的には単糖類であるフルクトースに変性していきます。つまりこの状態の菊芋を摂取することで、本来の効能が失われ却って血糖値が上がってしまうという事が起きている可能性があります。

キクイモの品質にこだわったらドイツ産になりました

菊芋は栽培する土壌の良し悪し、栄養分の豊富な土地なのかどうかで品質が決定的に左右されます。
高温多湿の地域や連作している土壌、化学肥料、バランスの悪い有機肥料、除草剤を使用した畑では菊芋の形状は大きく立派でも栄養バランスが崩れ大切なイヌリン量も低下し、ビタミンやミネラル等の微量元素も少なくなってしまいます。

当社が菊芋を扱って既に10数年になります。当初は中国産、そしてオーストラリア産、国産でさまざまに検証し現在ではドイツ産に行き当たりました。

国産のほうが安心なように思われますが、狭い日本の畑ではやむなく連作をする為に土壌菌が単一化し、生命力の強い菊芋でも病気が発生します。

それを有機肥料と化学肥料で補いますが有機肥料といっても鶏糞・馬糞・牛糞等の肥料で、動物の餌に抗生剤や成長促進剤等が含まれており要注意なのです。

その他、化学肥料は地中に硝酸窒素が増えて癌の原因とも言われており、元気になろうと思って食べていても逆効果になりかねません。

それでは何故ドイツ産がいいのでしょうか?

菊芋は基本的には連作は不向きです。

ドイツでは何10エーカーという広大な土地で毎年場所を変えて栽培しています。

ドイツのキクイモ畑

日本では国産信奉が根強いですが、ことキクイモに関しては国内産には多くの疑問点もあります。

まず、毎年収穫するために日本の各地の狭い畑では連作をしているのが実情です。

同じ畑・場所で育てる為に年とともにイモが小さくなり、土の栄養も無くなりそれを補うためには肥料を多く使い、安心と言える有機肥料ではなく、抗生剤やホルモン剤が残留する牛糞・馬糞・鶏糞等の動物性有機肥料を使わざるを得ないのが現実です。

ドイツの畑では、農薬等は勿論有機肥料と言われる人工的は肥料も一切使わず、一歩先行く全くの自然農法で育てています。

あの『木村さんのリンゴ』でお馴染みの自然栽培・自然農法をドイツ産キクイモでは40年も前から実践しています。

さらに土壌を豊かにするために12~3種類の雑草類(注)を植え耕しミミズが生息できるような環境にしています。
(注)ドイツでの休耕農地の養生用植物:ルピナス・エンドウマメ・コローバ・ダイコン・ゼニアオイ等々)

日本の有機肥料として使われる家畜の肥料し尿を含む廃棄物には高濃度の抗生物質、ホルモン剤、硝酸塩、重金属が含まれています。

ほとんどの家畜は、農薬まみれの輸入飼料(遺伝子組み換え作物も含む)あるいは抗生物質、ホルモン剤・成長促進剤などを投与されています。

継続的に飲用する食品は、少しでも不安材料があるなら極力排除していくのが賢明かと思います。

また東電の事故以来放射性物質の懸念もいまだ解消されていません。

実は日本各地の畑でも検出されています。

そのような心配のないのが自然農法農業大国のドイツ産のキクイモです。

更にその製造方法・管理が徹底しています

現地での収穫→洗浄→皮むき→搾汁→瞬間乾燥で粉末化→日本国内(HACCP管理工場)での加工。

この過程では一切人の手を加えないで、全て衛生管理の行き届いた工場管理と加工でお届けしています。

ドイツのキクイモ工場

日本国内では粉末を作るにあたって、『精魂込めてじっくりと自然乾燥し云々・・』と謳っている生産者がおりますが、菊芋の性格上自然乾燥で時間を掛けますと、主成分のイヌリンが時間とともに変性していきます。

どう変わるかと言いますと、多糖類のイヌリンが分解され単糖類・2糖類に変化していき徐々に甘みが増してきます。

生のキクイモを食べてみると判ることですが、摂りたてはシャキシャキして味も無く甘さなど全く感じません。

そのまま暫く置いといてから食べてみると、イモ自体が多少柔らくなり美味しくなってきます。

甘みが増してきますので美味しく感じるわけです。

折角の糖尿対策・ダイエット対策で菊芋を摂取してもその効果が台無しになってしまします。

菊芋は収穫後時間が経つと甘く雑菌やカビが非常に繁殖しやすい食品で、空気中の雑菌管理や素早い滅菌処理をしない菊芋は雑菌やカビだらけとなります。

この事から人手と時間を加えることは不衛生です。

当社の実験では、自然乾燥の菊芋は雑菌が繁殖し食品として使用できない事が判明しました。

菊芋は機能性食品で、一回摂取すれば良いわけではなく継続することで効果を発揮します。

継続していく食品が身体に与える影響は大きいものがあります。

そんな不安を払拭してくれているかどうか、単に価格的な事だけでなく、その品質をよく見分けて製品選びは慎重にしたいものです。

キクイモは継続的に摂取する物ですので、どんな菊芋にするかで体にも大きく影響します。
どうか、安心安全なキクイモをお選びください。

筋力も増強、記憶力・運動能力も顕著に向上!

2015-04-28

前垣さん(68歳)はアマチュアの社交ダンサーですが、ウエイトトレーニングで鍛えた得意なパワーを利用して世界最高峰の殿堂、イギリスのブラックプールの檜舞台で踊ることが出来ました。
(大阪の放送局でニュースになりました)

一躍有名になったために、世界から声がかかるようになりました。世界各地で行われている大会への出場の為に練習練習の日々になり筋力トレーニングも積んでいきました。
ところがその無理な練習がたたって、徐々に体が付いて行かなくなり、70kg上げていたバーベルが、だんだん上がらなくなり50kgがやっとという状態にまでになってしまいました。

おまけに筋肉の痛みが取れず、医者でもらった痛み止めを体の各所に張り付けていても一向に痛みが取れないため、整体治療を試してみることにしました。
なんとか改善して欲しいという思いが強く、その有名な治療師のもとへは毎週大阪から東京にまで出かけていきました。

又、徐々に体力だけでなく気力も衰え、しかも記憶力まで衰えて来てしまい、ダンスのステップさえも忘れてしまうような状態になっていたそうです。

丁度、その様な状態のころキクイモの情報を手に入れました。糖尿を患い30年、手足のしびれに悩んでいた方が知り合いにおりました。その方がキクイモを摂取して驚くほど改善し気力も溢れてきたとういうことで彼のもとへやってきて、熱心に菊芋を勧めたそうです。

前垣さんは当然それまでに様々な健康食品を試してきました。ところが効果をしっかり感じた食品がなかったために、あまり乗り気ではありませんでした。しかし兎に角、試しに飲んでみた処その味が結構美味しいので多めに飲んでみました。するとたちまちその夜から睡眠が深く、よく眠れるようになり、何日かすると疲れが取れ筋肉の痛みも薄らいでいき、更に気力体力、記憶力まで回復していったそうです。

現在は100kgのバーベルが持ち上げられるようにまでなり、これまで以上に社交ダンスや様々な活動に取り組めるようになっています。

基礎代謝が衰えている場合に無理な運動を続けると、内臓が代謝を促進することが出来ずに益々機能が低下し、疲労が蓄積するという悪循環に陥ることがあります。
菊芋をこの様な状態で飲用すると糖代謝を促進し内臓機能全体を活性化します。

肝臓や膵臓、腎臓などの働きが低下して老廃物の代謝が困難だった状況で菊芋を飲用することで、好循環のスパイラルに入り、各臓器の活性化と共に栄養素の吸収、運搬、同化、排泄の好循環サイクルに転換していったと考えられます。

その結果、疲労も取れて筋力も増強し、記憶力や運動能力も増強したのではないかとみられます。
 
 
 
 

認知症と菊芋について

2015-04-03

青森県で旅館を営んでいた前田さん(82歳・女性)はご主人に先立たれました。

2008年3月のことです。

年も年なので一人では生活も大変ということで、東京の娘さんの処へ行き同居することになりました。

東京では炊事、洗濯、家事全般を娘さんの代わりにこなしていました。

しかし半年ほどすると段々と元気が無くなり、ただ疲れるだるいと言うだけでなく一日中何もしないでボーと椅子に腰かけているか、度々居眠りをする様になっていました。

布団に入ってゆっくり眠るように勧めているうちに、殆ど寝たきりの状態になっていきました。

そのうちに父親の位牌の前に飾ったお菓子等が時々無くなるようになったので、母親に聞いたところ知らないと言っており、実際には自分が食べた事をすっかり忘れてしまっていたのです。

■ 医師からは「治るとは保証できない」と告げられ

これは大変な状態だと心配し娘さんは母親を連れて医師の診断を受けに行きました。

その結果分かったことはお母さんは既に糖尿病で血糖値548㎎/dl、HbA1Cは12%、しかもアルツハイマーも進行しているとの診断で、糖尿のインシュリン、アルツハイマーの投薬をする必要がある事を知らされました。

そこで娘さんは投薬やインシュリン注射でお母さんの糖尿病やアルツハイマーが本当に良くなるか医師に確認してみました。

すると医師からは治るとは保証できないと言われ、更に介護の為に娘さんが仕事を止めるか、または介護施設に母親を預ける必要があることを告げられました。

そこで彼女はいろいろ考え、日本の医師の診断を全面的に頼らずに、ドイツに住んでいる妹さんに連絡をして相談してみました。

母親の様態を細かく伝え、世界で最も自然医学の進んでいるドイツの医師のアドバイスを受けてもらった処、アルハイマーや糖尿病には菊芋を食べさせると良いとの答えをもらいました。

菊芋はドイツではトピナンバーとして医療現場でも使用されているとのことでした。

早速、国内で長年ドイツ産菊芋を扱っているお店からから菊芋を取り寄せて、高齢のために通常の糖尿病患者の2倍程の量の菊芋を母親に飲用させました。

■ 1ヶ月で元気に、6ヶ月後には格段に改善

すると1ヶ月ほどで目に見えるほどに元気を取り戻し、家事や炊事も出来るようになりました。

更に6か月後には血糖値が123mg/dlにA1cは6.4%に下がり、その他にアルツハイマーの症状は以前に比べると格段に改善してきました。

わずか半年で元のように家事全般が全てこなせるようになったのです。

数か月たってその様子はテレビ東京の元プロデウサーの撮影するインタビュー録画にも残っています。