菊芋・キクイモ体験談7

2013-07-20

菊芋マスターの福井正太郎です。

この時期は花粉症でマスクをしている人も目立ちます。

ちょっと前まではインフルエンザでマスク。2か月で20万枚以上の売れ行きだったそうで、、

糖尿系の方では免疫力が下がっているので、いろいろ病に掛かり易いようです。
でも、菊芋で鼻炎が治ってしまった方もおります。凄いですねえ。

さて菊芋を飲んのでの嬉しい体験談をどうぞ参考にしてください。

<白鳥さん、71歳の体験談>
◆「インスリン1日14単位が1年で4単位に」

・28年以上前に糖尿病を発病し、その頃の血糖値は常時350mg/dl前後で入退院を繰り返していました。
5年程前に突然目の前が暗くなり1メートル先の人の顔も見えなくなりました。
糖尿病に永く身体を蝕まれた結果、いつの間にか失明寸前になっていました。

・平成151年頃にはインスリンを朝8単位、夜6単位を使用するようになっていました。
この頃には、足に痺れやむくみも出て、かなり酷い状態でした。
たまたま知人の所へ行った折、「糖尿にいいですよ」と薦められたのが「きくいも」でした。
1日1回50mlを飲んだその日のうちに血糖値が20ミリも下がりました。
その後試しに1日2回飲むと、低血糖になるほど即効性がありました。

・これまで多くの人にいろいろ勧められ健康食を試しましたが、これほどの効果があった食品は他に例がなく、3日目には眼も楽になってきました。
その後1日2回200ミリに増量して一ヶ月程も経つと車の運転も出来るようになりました。

体力・気力も徐々に回復し、手足の痺れも薄らいできました。中性脂肪・コレステロールも20~22ミリグラム減りました。

・平成12年4月にはインスリンの量も朝夕2単位、計4単位に減らせました。
自分で毎日血糖値を計り、ノートに書いておりますが、それを見ると「きくいも」を飲み始めて4ヶ月で、平均60mg/dl下がったことが分かります。

いつまでも達者でいてください。お祈り申し上げます。