空腹時血糖値300以上でした。

2013-07-28

どうも最近疲れやすい、、目もかすんできた、、
今は仕事が忙しいので、一段落して体を休めればスッキリするだろう、、、
なんて思いながら、ついつい伸ばし伸ばしで、やっと病院で検査を受けました。
今回は45歳大城さん(仮名)のお話です。

「糖尿病です」と医師から言われたのは、今から14~15年ほど前です。
それからは一日一回一錠の薬を飲み始めました。
この時は疲労感などもなく自覚症状も全くありません。あまり気にもしませんでした。

突然に起こったのは8年前の夏です。胸が締め付けられるように痛み、吐き気もあり直ぐに病院に、行きましたが、更に胸が苦しくなり、息の出来ないほどで、そしてついに気を失いました。

あとから判ったことですが、心臓も停止しかかっており、電気ショックなどでやっと蘇生したようです。

病名は、糖尿病の合併症として起こった心筋梗塞と心不全でした。
その時の空腹時血糖値は300以上もあったようです。
70日間の入院生活後、自宅でインスリン注射と服薬を毎日続ける事になりました。

インスリンは朝30単位、昼10単位、夜10単位を食後2時間後に打っていました。
薬も朝晩2回、心臓の薬を朝昼晩の3回を欠かさず飲みました。
何年も続けるうちにそれなりに良くはなったのですが、まだ空腹血糖値は200HbA1Cが7.3~8.7と高い数値でした。

菊芋のことを知ったのは、平成13年の10月か11月でした。
情報誌か何かの記事だったと思います。
朝と晩にエキス1包(25ml)を毎日欠かさず飲むようしました。
イメージとは違いとても飲みやすかったです。

効果が実感できるようになったのは、二ヶ月ほどしてからです。
血糖値はあまり変化がないと思っていたのですが、ヘモグロビンA1Cが6%台になったのです。

お医者さんのお話では、糖尿病の状態を正確に見るには、ヘモグロビンA1Cが最も重要で、これを0.1%下げるのも大変なことだそうです。

血糖値の方も菊芋を飲み始めて半年後には、平均で150になり、それに伴いインスリンも朝8単位、夜6単位になりました。薬も一日一回朝だけになりました。
今は体調もとてもいいですし、仕事も順調で感謝しております。

以上、大城さんのお話でした。

どうぞ皆さんも、十分お気を付け下さい。ご自身は勿論、ご家族のためにも、、、