菊芋体験談2

2013-07-07

こんにちは。菊芋マスターの福井正太郎です。
最近では、菊芋がテレビや新聞などで、度々紹介され多くの方が知るところとなってきました。

「生」の菊芋が道の駅等で売られ、初めて手に取る方もおります。しかし、まだまだ一般にはなじみが薄いです。

菊芋の薬効は身体の免疫力強化と糖の代謝を促進し血糖降下作用などですので、糖尿、高血糖、中性脂肪過多、ガンや感染症の予防に最適です。

脳梗塞で入院された方から、先日お電話を戴きました。
病院の中にある公衆電話からでした。この方は90歳を超えていますがとてもお元気なご様子でした。
声もはっきりして、梗塞系の後遺症など全く感じられません。
リハビリはされているようです。

菊芋を飲み始めたばかり、一か月も経っていないで脳梗塞になり病院に運ばれたようです。

お電話戴いた内容は、病院の薬は飲みたくないので何とか菊芋で改善できないか、、ということです。

ちょっと待ってくださいよ。
いくら菊芋が血流改善にも良いとは云え、薬ではありません、、から。
脳梗塞等の梗塞系は一般的には何年、何十年にも亘る生活習慣や食生活が影響して発症します。

まずは、病院での処方を第一と考え、退院されたら予後のために菊芋を摂取するのも良いでしょう。

医師からは経過が順調だと言われたようで、その影響もありどうしても菊芋に頼りたかったのでしょうか。

それほどまでに菊芋を信頼していただけるのは、とても嬉しいことことですが、緊急事態ですので、それはそれなりの処置が大切です。

薬と併用されても良いですが、医師がOKしてくれるかどうかです。
投薬治療中に健康商品の類のものを飲んでも良い、、、という医師がいるかどうか。
医師に話せば90%以上、否と答えるでしょう。

それにしても、この方とは何度かお話致しましたが、何としてでも病を克服したいという意気込みが、ヒシヒシと感じました。
是非元気になって退院されることを願っています。